天然石の分類

天然石は世界中の山から採掘されます。しかし、同じ山の石材でも採石層によって「色」「柄」に変化が生じる為、同じものは1枚として存在しません。また、見た目では「キズ」「汚れ」に見えるものも存在します。 さらに小さな穴が開いている石も多くあります。そして、切断する前の大判(スラブ)には、色の濃い部分と薄い部分があり、さらに柄の多い部分と少ない部分があります。つまり切断した板状の石の中にも異なった色と柄が混在する事になります。天然石材は、光の加減や見る角度によっても見え方が変化します。時間が経過するにつれても変化していきます。

■花崗岩
一般的に御影石を言います。石全体に粒状の模様が点在しております。耐久性・耐酸性・耐摩耗性に優れており、内装・外装と用途は広いです。さび石・バルチックブラウン・山西黒 等が該当します。

■安山岩
火成岩の一種でマグマが短時間で冷やされ固り、結晶が十分成長していない岩。安山岩は、風化に強い割りに、柔らかで加工しやすく、花崗岩に比べて熱に強い石材です。鉄平石・白川石・那須石・小松石 等が該当します。

■石灰岩
ベージュ等の淡い色調が多く、やわらかな質感が特長です。貝等の生物の遺骸が堆積して形成されているので化石等が比較的多く見つかります。炭酸カルシウムが主成分なので、酸に弱い性質があります。ライムストーン 等が該当します。

■砂岩
地表の岩石が風化して生じた岩石片や鉱物片が堆積して形成された岩石です。平滑な仕上よりも割肌で使用される場合が多いです。ホワイトクオーツ・パールクオーツ 等が該当します。

■凝灰岩
溶岩、軽石、火山灰の堆積によって生成されます。風化による多少の変化はあるものの、温かみのある優しい自然の色と風合いを持ち、空間の和洋を問いません。大谷石・田下石 等が該当します。

■大理石
石灰岩が変成作用を受けて石材中に含有する方解石が再結晶して形成された岩石です。白、ベージュ、赤等多様な色調と縞による模様によって多彩な表情をしています。柔らかい石で、吸収性が高く、雨や酸の影響を受け易いです。ボテチーノクラシコビアンコカララ等 が該当します。

■粘板岩
堆積岩に分類される場合が多いですが、緩やかな変成作用をうけた微粒鉱物で形成されています。特有のヘキ開面があり、これを利用して薄板状に加工されます。グリーンスレート 等が該当します。