浄化方法

パワーストーン(天然石)は特別なモノがなくても、身近にあるもので、ある程度の浄化ができます。

■月夜の浄化(月光浴の浄化)
パワーストーン(天然石)は、月夜に一晩置くことにより浄化ができます。ただし、外に出しっぱなしで雨や風に当たらせてしまうとパワーストーンをいためてしまいますので、なるべく室内の窓のそばにおいて月光浴をさせてみてください。また満月の日に浄化するのが効果的と言われています。

■日光浴(太陽)で浄化
パワーストーン(天然石)の浄化法として日光浴(太陽による浄化)が効果的です。10~30分ほど太陽の光を浴びさせることにより手軽に浄化ができます。太陽光に弱いパワーストーン(天然石)もありますので、直射日光でしたら、10分程度でも浄化は完了します。

■観葉植物で浄化
パワーストーン(天然石)は観葉植物で浄化することもできます。方法はとても簡単で、室内の観葉植物の土に一晩置くことで、浄化できます。この方法のメリットは寝る前にパワーストーンやブレスレットを観葉植物のそばに置くだけで浄化できるため、毎日でも浄化ができることです。

■クラスター(浄化水晶)で浄化
パワーストーンはクラスター(浄化水晶)で浄化することもできます。ただ、気をつけるポイントとしては、そのクラスターは邪気を吸い取るだけですので、クラスターも浄化してあげる必要があります。浄化しているつもりでも、クラスターが邪気まみれだった、ということはよくありますので、クラスターの浄化に頼り過ぎないようにましょう。解決策としては、クラスターを使い捨てにしてしまうことです。

■お水で浄化
パワーストーンは水による浄化も可能です。清らかな川の流れで浄化させるのがベストですが、ご自宅の流水(蛇口)でもOKです。水に弱いパワーストーンもありますので、水での浄化の前にチェックしましょう。基本的に、光沢のあるツルツルのパワーストーンは、水で浄化しても、大丈夫ですが、表面がゴツゴツしていたり、多孔石(表面に小さな穴が無数に開いているもの)は流水での浄化には適していませんので、ご留意ください。

■お香(セージ)で浄化
パワーストーン(天然石)はお香(セージ)で浄化することができます。しかし、ほとんどのパワーストーンはこのお香(セージ)での浄化を嫌いますので、あまりオススメしません。というのも、パワーストーンにも意識があり、このセージの香りは邪気を払うパワーもありますが、パワーストーン自体も息苦しくなる香りなのです。火を扱うため気をつけるのと、パワーストーンに火のついたお香(セージ)を近づけすぎて、焦がしてしまわないようにしましょう。お香(セージ)はどちらかというと、パワーストーンの浄化に使うのではなく、空間の浄化に使うのが最適です。

■番外編 休息する場所をつくる
パワーストーン(天然石)は、人が布団で寝て休息するように、使わないときは休息する場所を確保してあげることで、浄化することができます。浄化とは特殊なことではなく、パワーストーンを健全に保ってあげることです。所定の場所を決めておくことで、休息され浄化ができます。また、所定の場所はコロコロ変えると落ち着かず、浄化ができないので、同じ場所に決めてください。

■番外編 声をかけてあげる
パワーストーン(天然石)に「ありがとう」「これからもよろしく」など、感謝の言葉をかけることで、元気になり浄化することができます。このようにポジティブな言葉で声かけをすることで、パワーストーンも喜び、浄化へと導かれていきます。ぜひ、あなたの愛らしいパワーストーンに優しい声をかけてあげてください。